実はあなたも知らないかもしれない葬儀のアレコレ

最後まで見送る

お任せするワケ

花

今、遺品整理を遺族の代わりに手がけてくれるという業者が注目されています。いろいろな理由から「自分たちでは整理や処分ができない」となったら、お任せできる業者を探しましょう。

◆Read More

葬儀のこれから

お坊さん

近年の流れとして葬儀のコンパクト化が図られています。伝統的なものからの脱却が至るところかで見られ、規模も縮小し個性的な葬儀を行うというケースも増えてきています。

◆Read More

弔電のマナー

お墓

訃報の連絡を受けたのに、よんどころない事情があって通夜や葬儀に出席することができない場合には、弔電を打つ必要があります。弔電を打つ場合はマナーが有り、しっかりと認識している必要があるでしょう。

◆Read More

納骨堂の利用

蝋燭

身内だけの葬儀を希望するなら中原区の葬儀場がオススメです。家族が安心してお別れをすることが可能な環境が整っています。

大量の遺品があるという場合は遺品整理を神戸で利用してみよう。買取も行っているので、費用をプラスに持って行けます。

現代の新しい埋葬形式

生命観の多様化の流れの1つに、納骨堂という施設の利用者の増加があります。 納骨堂は遺骨を納め、供養するための屋内施設です。以前はお墓が建立されるまでの一時的な安置所としての性格を持っていましたが、現在では恒久的な施設として普及が進んでいます。 実は納骨堂の普及には、先に述べた価値観の多様化のほかに経済的な事情も手伝っています。お墓の建立には多額の費用がかかるほか、維持管理にも手間がかかります。そのため、子孫の負担を軽くすることを目的として生前に自ら納骨堂に安置されることを望む人が増えてきているのです。

たとえるなら「お墓の集合住宅」

納骨堂は公営の霊園の一角に設けられている場合もあれば、寺院が運営している場合もあります。規模や安置の形態は施設ごとにさまざまです。よく知られているのがロッカー式で、壁一面に作られた扉付きの棚にそれぞれ遺骨を納めるというものです。墓参の際は可動式の祭壇を使用するなどしてお参りします。 他にも仏壇が並べられているものや、屋外の墓地と同じように墓石が設置されているものもあります。 現在、納骨堂の人気は高く、公営の施設が募集を行う際は非常に多くの応募が集まると言われています。人気の理由は経済的なメリットのほか個人主義化の反映などさまざまなことが言われています。また通常の墓地より必要とする敷地が少なくて済むため、墓参に都合の良い都心に立地する施設が多いことも理由の1つとされています。

きめ細やかな心配りをすることが出来る大阪の遺品整理業者がこちらです。故人の大切な思い出の品を丁寧に処分してくれます。

Other site